PR

1122 ネタバレ 美月が剣山で刺した事件とその背景

少女・女性

『1122』は、その生々しい描写と深い人間ドラマで話題を集めています。特に美月に関するエピソードは、読者から多くの反響を呼んでいます。

彼女が剣山でおとやんを刺すシーンや、夫との複雑な関係、不倫に対する態度などは、特に注目されています。

本記事では、美月の子共や妊娠に関するネタバレも含め、彼女のキャラクターを深掘りしていきます。『1122』をより深く理解するために、ぜひ最後までお読みください。

記事のポイント
  • 美月が剣山でおとやんを刺した事件の背景と詳細
  • 美月が夫よりもおとやんを優先する行動とその理由
  • 美月の家庭内の複雑な事情と子供への影響
  • 美月の妊娠とそれが夫婦関係に与える影響
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

1122 ネタバレ 美月とおとやんの関係

  • 美月が剣山で刺した事件の真相
  • おとやんの不倫に対する態度
  • 美月の子供・妊娠についてのネタバレ

美月が剣山で刺した事件の真相

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

美月が剣山で刺した事件の背景には、彼女の心の中に積もり積もったストレスと絶望感があります。生け花がこの事件の重要な要素として登場します。

まず、生け花は美月とおとやんが出会った場所です。二人は生け花教室で知り合い、そこから不倫関係が始まりました。美月にとって、生け花はおとやんとの特別な繋がりを象徴するものでした。そのため、生け花にまつわるものは、彼女にとって非常に感情的な意味を持っていました。

事件が起こったのは、美月が精神的に追い詰められた末、おとやんとの別れを告げられた瞬間でした。彼女はおとやんに対する強い愛情と、その裏返しとしての激しい憎しみを抱えていました。別れを告げられた美月は、その感情を抑えることができず、手元にあった剣山でおとやんを刺してしまいました。

具体的に、剣山で刺したのはおとやんの急所です。この行動は突発的であり、計画的なものではありませんでしたが、彼女の心の中にある絶望感と怒りが爆発した瞬間でした。おとやんにとっては予想外の攻撃であり、深い傷を負うことになりました。

この事件は、美月の心の中にある多くの未解決の問題を浮き彫りにしました。夫との関係の冷え込み、子供のケアに対する過度な負担、姑とのストレスフルな関係などが、美月の精神的なバランスを崩す要因となっていたのです。

美月が剣山でおとやんを刺した事件は、彼女の心の中の闇を象徴する出来事です。この事件を通じて、家庭内の問題を直視し、適切なサポートと解決策を見つけることの重要性が浮き彫りになりました。

おとやんの不倫に対する態度

おとやんの不倫に対する態度は、非常に複雑で矛盾しています。彼は自身の不倫を正当化しようとする一方で、妻であるいちこの不倫には強く反発します。この二重基準は、おとやんの態度の一貫性のなさを際立たせています。

おとやんは自分の不倫を正当化するために、「公認不倫」という概念を持ち出します。彼は「妻に嘘をついていない」「恋愛が相手に良い影響を与える」などの理由で、自分の行動を正当化します。しかし、これらの理由は結果的に自己中心的なものであり、実際には妻や不倫相手を傷つける結果となっています。

一方で、おとやんは妻のいちこが女性用の夜のお店を利用していたことを知ると、強い嫌悪感を示します。自分の不倫には寛容でありながら、いちこの不倫には厳しい態度を取ることで、おとやんの矛盾が浮き彫りになります。これは、自分が不倫をすることは許されるが、妻が同じことをするのは許せないという典型的なダブルスタンダードです。

さらに、おとやんは不倫相手である美月に対しても不誠実な態度を取ります。彼は美月との関係を続けながらも、再婚や一緒に暮らすことを提案されると話を逸らすなど、真剣な関係を避けようとします。これにより、美月はおとやんに対する信頼を失い、関係はさらに複雑化します。

このように、おとやんの不倫に対する態度は非常に自己中心的であり、周囲の人々に多大な影響を及ぼします。彼が自分の行動を真摯に見直し、周囲の人々への配慮を深めることが必要です。家庭内の平和を取り戻すためには、おとやんの態度の改善が不可欠です。

美月の子供・妊娠についてのネタバレ

美月は夫の志朗との間に息子のひろくんを抱え、孤独な育児に追われる日々を過ごしています。

美月はひろくんをほぼ一人で育てており、夫の志朗は仕事に追われ家庭を顧みることが少ないため、美月は精神的にも肉体的にも大きな負担を感じています。特に、ひろくんが発達障がいの可能性があることもあり、育児の難しさがさらに増しています。

そんな中、美月はおとやんとの不倫関係が終わった後に予期せぬ妊娠が発覚します。産婦人科で妊娠5週目と告げられた美月は、夫の子供を妊娠していることがわかります。体調の悪化に気づいた志朗が美月の妊娠を察し、問いただします。美月は、おとやんとの関係ではしばらく身体的な接触がなかったため、妊娠は志朗との子供であることを伝えます。

妊娠を知った美月は「産みたい」と志朗に伝えますが、これにより夫婦間で激しい議論が起こります。美月はこれまで抱えてきた不満や苦しみを志朗にぶつけます。彼女は、ひろくんの育児や義父母との関係に関する不満を全て打ち明け、志朗に対する不満が爆発します。

志朗は、美月の言葉を受け止め、改めて家族としての責任を感じます。彼は美月に「一緒にやってみよう」と提案し、家庭内の問題に真剣に向き合う姿勢を見せます。二人は、これまでの問題を乗り越え、新しい命を迎える準備を進めることになります。

美月の妊娠が発覚したことで、彼女と志朗の関係は良い方向に大きく変わり始めるのでした。

1122 ネタバレ 美月が嫌われる理由

  • 美月の「わたし可哀想」感
  • 美月の旦那よりおとやん優先の行動
  • 美月の夫への堂々とした不倫宣言
  • 美月が再会後にハグするシーン

美月の「わたし可哀想」感

美月が「わたし可哀想」と感じさせる行動は、多くの視聴者にとって不快感を引き起こしています。この「わたし可哀想」感は、彼女の自己憐憫的な態度から生じています。

まず、美月は度々自分の辛い状況を周囲に訴えます。例えば、彼女は仕事人間の夫と発達障害の可能性がある子供を一人で育てていると嘆きます。このような自己憐憫的な発言は、彼女が自分の状況を他人に理解してもらいたいという欲求の表れです。しかし、読者から見ると、これはしばしば「被害者意識」として受け取られます。

さらに、美月は自分の努力や苦労を強調する一方で、実際にはかなり恵まれた状況にあります。専業主婦として生活できる経済的な余裕があり、協力的な母親も近くに住んでいます。これにもかかわらず、彼女は「自分だけが苦労している」という態度を取り続けます。このギャップが、読者にとって彼女の「わたし可哀想」感を増幅させています。

また、美月の自己憐憫的な態度は、不倫関係においても顕著です。彼女は不倫相手のおとやんに対して、しばしば弱音を吐きます。「時々めげそうになっちゃって」というような発言は、彼に同情を引き出すためのものです。このような行動は、彼女が自分の問題を他人に押し付ける姿勢を示しており、視聴者からの共感を得にくくしています。

このように、美月の「わたし可哀想」感は、彼女の自己中心的な態度と被害者意識から生じています。これが、視聴者に不快感を与える主要な要因となっています。彼女が本当に周囲の人々と良好な関係を築くためには、この自己憐憫的な態度を改め、他人の視点からも物事を見つめることが必要です。

美月の旦那よりおとやん優先の行動

美月が夫よりもおとやんを優先する行動は、多くの読者にとって不愉快なポイントとなっています。これらの行動は、家庭内のバランスを崩し、彼女の自己中心的な性格を際立たせています。

例えば、夫がシンガポールに転勤になった際、美月は「志朗だけで行けない?」と発言しました。これは夫よりも不倫相手のおとやんを優先する態度を明確に示しています。また、母親が病気であっても、おとやんに会うために息子を預けることを優先しました。これらの行動は、家庭内での優先順位が明らかにおとやんに傾いていることを示しています。

さらに、美月は頻繁に子供を預けておとやんに会いに行きます。週に一度のペースで不倫相手と会うために子供を預けることは、母親としての責任を放棄していると捉えられます。彼女は、自分の欲望を満たすために家族を犠牲にしていると言えます。

このような行動は、美月が自分の気持ちや欲望を最優先にしていることを示しています。彼女は家庭や子供のことを二の次にして、自分の感情や欲求を満たすことに集中しています。このため、読者からの共感を得にくくなっています。

美月の夫への堂々とした不倫宣言

美月が夫に堂々と不倫を宣言するシーンは、読者に強い衝撃を与えました。これは彼女の自己中心的な性格と、不倫に対する軽率な態度を如実に示しています。

まず、美月は夫・志朗に対して「私が浮気してたの知ってるよね?」と告げます。この発言は、彼女が自分の行動に対して全く反省していないことを示しています。さらに、彼女は「相手を剣山で刺した」「私のやったことは私の責任で、あなたには迷惑かけてない」と続けます。この発言は、夫の感情や立場を全く考慮していない態度を表しています。

美月の夫・志朗は、冷たくて仕事人間な一面があり、家事や育児を妻に任せきりにするという問題も抱えています。しかし、美月の不倫宣言は、彼の態度を正当化するものではなく、むしろ彼女自身の倫理観の欠如を強調するものです。

このシーンでは、美月が夫に対して一切の罪悪感を持たず、自分の行動を正当化しようとする姿勢が明確に描かれています。彼女の「あなたには迷惑かけてない」という発言は、不倫がどれだけ夫の心を傷つけるかを全く理解していないことを示しています。このような態度は、読者に強い反感を抱かせる要因となっています。

美月が再会後にハグするシーン

美月がおとやんと再会後にハグするシーンは、読者に多くの疑問と不快感を抱かせる場面です。このシーンは、美月の行動が自己中心的であることをさらに強調しています。

美月は夫の転勤でシンガポールに行く前に、おとやんに再会しようとします。彼女は「謝って新しい生活に向き合いたいから」と言って再会を求めますが、この理由は非常に自己中心的です。本来ならば、おとやんと再会することは避けるべきであり、彼女自身が新しい生活に向き合うために過去を清算することが必要です。

さらに、再会後に美月がおとやんにハグするシーンは、読者にとって非常に衝撃的です。別れた相手に対して、謝罪の意味でハグをすることは、相手の感情を再び揺さぶる行為であり、非常に無神経です。この行動は、美月がいかに自己中心的であり、他人の感情を考慮しないかを如実に示しています。

このシーンでの美月の行動は、彼女が全く反省していないことを示しています。彼女は過去の不倫を反省することなく、自分の感情を優先して行動しています。このような態度は、視聴者に強い反感を抱かせる要因となっています。

美月の家庭内の複雑な事情

美月の家庭内には、非常に複雑な問題がいくつも存在します。この複雑な家庭環境が、彼女の行動や心理に大きな影響を与えています。

まず、美月の夫は仕事人間であり、家庭を顧みることがほとんどありません。そのため、家庭内での夫婦のコミュニケーションはほとんどなく、夫婦関係は冷え切っています。美月は家事や育児を一手に引き受けることになり、そのストレスが彼女に大きな負担をかけています。

さらに、美月には発達障害の可能性がある子供がいます。子供の特別なケアが必要なため、美月は常に気を張り詰めている状態です。夫がほとんど家にいないため、育児の負担は全て美月にのしかかります。この状況は、彼女にとって非常に孤独で疲れ切ったものとなっています。

加えて、美月の姑は占いに熱心で、時折宗教的な行動を取ります。この姑との関係も、美月にとって大きなストレスの一因です。姑の言動に振り回されることが多く、家庭内での支援を期待できない状況です。

これらの要素が重なり合い、美月の精神的な疲弊を招いています。彼女が夫以外の人に心の安らぎを求めたくなるのも、無理からぬことかもしれません。しかし、その結果として不倫に走ることは、問題の解決にはなりません。

『1122』美月のネタバレ:まとめ

  • 美月は夫の志朗と息子のひろくんを抱える
  • 美月は不倫相手のおとやんを剣山で刺す
  • 剣山で刺されたのはおとやんの急所である
  • 美月は生け花教室でおとやんと出会う
  • 美月の精神的ストレスが事件の背景にある
  • おとやんの不倫態度は自己中心的で矛盾している
  • 美月は予期せぬ妊娠を告げられる
  • 妊娠したのは夫・志朗の子供である
  • 美月は夫に「産みたい」と伝える
  • 夫婦間で激しい議論が起こる
  • 志朗は家族としての責任を感じる
  • 美月と志朗は家庭内の問題に向き合う
  • 美月の「わたし可哀想」感が読者に不快感を与える
  • 美月は夫よりもおとやんを優先する行動が多い
  • 美月は夫に堂々と不倫を宣言する
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください