PR

ハンターハンター 32巻がひどいと言われる理由は?絵が手抜き?

少年・青年
出典:集英社

「ハンターハンター」32巻が発売されて以来、多くのファンが「絵がひどい」と感じる声が上がっています。

SNSやネット掲示板では、絵が雑で手抜きだとの批判が相次ぎ、その理由について様々な憶測が飛び交っています。

本記事では、なぜ32巻の絵がこれほどまでに問題視されるのか、その背景や原因を詳しく解説し、ファンの意見や反応をまとめてみました。

記事のポイント
  • 32巻の絵がひどいと言われる理由
  • 絵が雑になった背景や作者の体調問題
  • 具体的に下書き状態で掲載された話数
  • ファンやSNS上の批判と支持の意見
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

ハンターハンター 32巻 ひどいと言われる理由

  • ハンターハンター 32巻のあらすじ
  • ハンターハンター 下書きで掲載されたのは何巻の何話?
  • ハンターハンターの絵はなぜ手抜きで雑なのか?
  • ハンターハンターの作者がやばい?

ハンターハンター 32巻のあらすじ

「ハンターハンター」32巻では、物語の重要な展開が描かれています。

まず、ハンター協会会長選挙が行われ、候補者が4名に絞られます。副会長のパリストン、ミザイストム、チードル、そしてレオリオが立候補者として名を連ねています。

選挙の行方を巡って陰謀や策略が渦巻く中、それぞれの候補者がどのように会長の座を狙うかが描かれています。

一方、キルアは重体のゴンを救うためにアルカの力を借りる決意をします。アルカの特殊な能力を駆使してゴンを元に戻そうとする過程が緊張感を持って描かれます。アルカの力によってゴンが回復し、その奇跡が周囲に大きな影響を与えます。

最終的に、ゴンは選挙会場に現れ、父ジンと再会します。ジンとの再会シーンでは、ゴンの成長と感謝の気持ちが描かれ、物語の一区切りとなります。

ハンターハンター 下書きで掲載されたのは何巻の何話?

「ハンターハンター」が下書きの状態で掲載されたのは、主に32巻に収録されている話です。具体的には、336話「解除」の最後の方と337話「懺悔」のエピソードが該当します。

この時期、作者の冨樫義博先生は体調不良や腱鞘炎に悩まされており、通常の作画が困難だったため、下書きのまま掲載されたようです。

これらのエピソードでは、ストーリーの進行が優先され、絵の完成度が二の次とされた結果、読者からは賛否両論が巻き起こりました。

一方で、下書きであってもストーリーの魅力は衰えず、多くのファンが物語の展開に注目しました。この時期の作品は、冨樫先生の創作に対する姿勢や困難を乗り越える努力を垣間見ることができるものとしても評価されています。

ハンターハンターの絵はなぜ手抜きで雑なのか?

「ハンターハンター」の絵が手抜きで雑だと言われる理由にはいくつかの背景があります。まず、冨樫義博先生は長年にわたり腰痛や体調不良に悩まされてきました。

漫画家という職業は長時間同じ姿勢で作業を続けることが多く、特に腰に負担がかかります。これが原因で、冨樫先生は作画のペースを維持することが難しくなり、絵がラフな状態で掲載されることがあったのです。

また、冨樫先生の創作スタイルも影響しています。彼は物語の構成やキャラクターの心理描写に非常にこだわりを持っており、絵の完成度よりもストーリーの進行を優先することがあります。

例えば、ジャンプ掲載時にラフ画のままで公開されることがありましたが、これは締め切りに間に合わせるための措置でした。

さらに、冨樫先生は絵の質よりも物語の密度や展開に重きを置く傾向があります。彼の作品は複雑なストーリーラインと緻密なキャラクター設定が特徴であり、これが読者にとって大きな魅力となっています。

そのため、たとえ絵がラフであっても、物語の面白さでファンを引きつけているのです。

ハンターハンターの作者がやばい?

冨樫義博先生が「やばい」と言われる理由は、その独特な作風と創作スタイルに起因しています。

まず、彼の作品は非常に高い物語の完成度と独創性を持っており、多くの読者にとって圧倒的な魅力を放っています。しかし、その一方で彼の健康状態や連載ペースには不安が伴います。

冨樫先生は、腰痛や精神的なストレスによる体調不良で頻繁に休載を繰り返しています。漫画家の中でも特に休載率が高く、読者の間では「休載が当たり前」という認識が広がっています。

これにより、ファンの期待と不安が常に入り混じった状態が続いています。

また、彼の創作スタイルも独特です。冨樫先生は、アシスタントをほとんど雇わず、自分一人で作業を進めることが多いです。

このため、作画のペースが遅くなり、ラフな状態での掲載が増えることがあります。しかし、このスタイルは彼の作品に独特の味わいをもたらし、他の作家にはない魅力となっています。

冨樫先生の作品は、その高いクオリティと独特のスタイルから「やばい」と評されますが、それは彼の創作に対する情熱とこだわりの結果でもあります。

冨樫先生の健康が心配される一方で、その作品を待ち望むファンは多く、彼の次回作に対する期待は常に高まっています。

ハンターハンター 32巻 ひどい絵についての意見

  • SNS上の批判の声
  • 絵が汚くても面白い!

SNS上の批判の声

「ハンターハンター」の32巻に対する批判は、特にSNS上で多く見られます。ファンの間では、32巻の絵が雑で手抜きだという意見が目立ちました。

具体的には、「絵が適当すぎてストーリーに集中できない」といった声や、「過去の作品と比べてクオリティが落ちた」との指摘が多く寄せられています。

また、一部の読者は冨樫先生の体調不良や執筆スタイルに理解を示しつつも、「それでもプロとしての責任を果たしてほしい」との厳しい意見も見られます。

特に、ジャンプ掲載時にはラフな状態のまま掲載されたページがそのまま単行本になったことに対する不満が多く、「修正してから出版してほしかった」という声が多く見受けられました。

このような批判は、冨樫先生のファンであればこその期待の裏返しとも言えます。多くの読者が彼の作品に高い期待を寄せており、その期待が裏切られたと感じたときに強い反発を示すのです。

絵が汚くても面白い!

一方で、絵がラフでも「ハンターハンター」は依然として多くのファンに支持されています。物語の構成力やキャラクターの魅力が非常に高いため、絵のクオリティが多少落ちても作品全体の評価は揺るぎません。

例えば、32巻においてもストーリーの進行やキャラクターの成長がしっかりと描かれており、多くの読者がその点に魅了されています。

冨樫先生の作品は、緻密なプロットと予測不可能な展開が特徴です。そのため、たとえ絵が雑であっても「次が気になる」と感じる読者が多いのです。

実際にSNS上でも、「絵は汚いけど、話が面白いから読む価値がある」といった肯定的な意見が多数見られます。

また、一部のファンは「絵がラフなのも冨樫先生らしい」と捉え、独自のスタイルとして受け入れています。

これにより、彼の作品には他にはないユニークさと個性が感じられ、ファンの間で長く愛され続けているのです。

このように、「ハンターハンター」は絵のクオリティに関わらず、その圧倒的なストーリーテリングとキャラクター描写によって、依然として多くの読者を魅了し続けています。

まとめ:【ハンターハンター】アルカは死亡しておらず今後も活躍する

  • 「ハンターハンター」32巻は会長選挙とゴンの復活が描かれている
  • 会長選挙にはパリストン、ミザイストム、チードル、レオリオが立候補している
  • 陰謀と策略が渦巻く選挙戦が展開される
  • キルアはアルカの力を借りてゴンを救おうとする
  • アルカの特殊能力でゴンが回復する
  • ゴンと父ジンの再会シーンが感動的に描かれる
  • 32巻には下書き状態の絵が掲載されている
  • 336話「解除」と337話「懺悔」のエピソードが下書き状態で掲載された
  • 冨樫先生の体調不良が絵の雑さの原因とされる
  • 冨樫先生は腰痛や腱鞘炎に苦しんでいる
  • SNS上では32巻の絵の雑さに対する批判が多い
  • 絵のクオリティの低さが読者の不満を招いた
  • 一方でストーリーの面白さが評価されている
  • 冨樫先生の独特な創作スタイルが作品の魅力である
  • 32巻は物語の重要な展開を含んでいる
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください