PR

『BLUE GIANT』シリーズの漫画を読む順番とあらすじ紹介

少年・青年

『BLUE GIANT』は、主人公・宮本大のジャズへの情熱と成長を描いた大人気漫画シリーズです。

現在は第3部まで連載されていますが、物語を楽しむにはどの順番で読むのがおすすめなのでしょうか。

この記事では、『BLUE GIANT』シリーズの漫画を発売順に紹介し、各部のあらすじを解説します。

また、本作の魅力についても探っていきます。

この記事を読むと、以下のことがわかります。

  • 『BLUE GIANT』シリーズの漫画を読むおすすめの順番
  • 『BLUE GIANT』各部のあらすじ
  • 『BLUE GIANT』の魅力
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

『BLUE GIANT』シリーズの漫画を発売順に紹介

『BLUE GIANT』シリーズの漫画を発売順に紹介します。
読む順番は発売順通り、第一部から順番読むようにしましょう。

  1. 『BLUE GIANT』(第1部)
    2013年から2016年まで「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されました。単行本は全10巻です。
  2. 『BLUE GIANT SUPREME』(第2部)
    2016年から2020年まで「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されました。単行本は全11巻です。
  3. 『BLUE GIANT EXPLORER』(第3部)
    2020年から2023年まで「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されました。単行本は全9巻です。2023年5月10日発売のビッグコミック10号にて最終回を迎えました。
  4. 『BLUE GIANT MOMENTUM』(第4部・連載中)
  5. 2023年7月25日発売のビッグコミック15号より、ジャズの中心地にして激戦地・ニューヨークを舞台とした新シリーズ『BLUE GIANT MOMENTUM』が始動しました。現在「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載中です。

『BLUE GIANT』各部のあらすじ

『BLUE GIANT』(第1部)

仙台編では、高校生の宮本大がジャズに魅了され、サックスプレーヤーを目指して練習に励む姿が描かれます。

東京編では、上京した大がピアニストの沢辺雪祈と出会い、同窓生の玉田をドラマーに加えてバンド「JASS」を結成。

ライブ活動を通じて成長していく姿が描かれます。

『BLUE GIANT SUPREME』(第2部)

単身ドイツ・ミュンヘンに渡った宮本大は、アジア人であることから演奏の機会に恵まれません。

そんな中、大学生のクリスと出会い、彼の助けを借りて少しずつ活動の場を広げていきます。

やがて大はハンブルクに拠点を移すことを決意します。

『BLUE GIANT EXPLORER』(第3部)

一時帰国した宮本大は、雪祈がアメリカの音楽大学に通っていることを知ります。

大もアメリカに渡り、シアトルで整備工場に勤務しながら、現地のミュージシャンたちとセッションを重ねて腕を磨いていきます。

シアトルでの生活の中で、大は工場の同僚であるエディと出会い、彼の誘いでロックバンドとのセッションに参加します。

ジャズとは異なるジャンルの音楽に触れることで、大は新たな刺激を受け、音楽性の幅を広げていきます。

『BLUE GIANT MOMENTUM』(第4部)

仙台でジャズを始め、世界一のプレイヤーになることを決意した宮本大。

東京での活動を経て、ヨーロッパやアメリカ各地で奮闘し、強力なメンバーを得てカルテットを結成します。

前作『BLUE GIANT EXPLORER』での旅を経て、大たちはついにジャズの中心地にして最激戦区であるニューヨークに辿り着きます。

しかし、そこではライブどころか日々の生活もままならない厳しい現実が待ち受けていました。

ジャズの聖地で頂点を目指す大たちの新たな挑戦が始まります。

『BLUE GIANT MOMENTUM』では、ニューヨークという魔窟で、大たちがどのようにジャズと向き合い、成長していくのか、そしてどんな音楽を紡ぎ出すのか・・・

『BLUE GIANT』の魅力

『BLUE GIANT』の魅力は多岐にわたりますが、特に際立っているのは以下の点だと考えられます。

「音が聞こえる」リアルな演奏シーン

原作者の石塚真一氏は、音が出ない漫画というメディアの特性を逆手に取り、登場人物の感情や心情を丁寧に描写することで、読者の脳内で演奏シーンに音が響くかのような臨場感を生み出しています。

この「音が聞こえる」と評される演奏表現は、本作の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

ジャズへの情熱と成長物語

主人公・宮本大のジャズへの情熱と、トッププレイヤーを目指して成長していく姿は、読む人の心を揺さぶります。

作中では、数々の挫折や別れを経験しながらも、周囲の人々に支えられ、高みを目指す大の姿が描かれています。

こうした情熱と成長の物語は、読者を強く惹きつける要素となっています。

音楽を通じた人との繋がり

作中では、主人公の大が出会った人々との絆が丁寧に描かれています。

石塚氏は「人の助け合い」をテーマの一つに掲げており、大がジャズを通じて多くの人と出会い、影響を与え合う様子が印象的です。

音楽を媒介とした人と人との繋がりは、読者の共感を呼ぶ重要な要素だと言えます。

ジャズの魅力を存分に伝える作品

『BLUE GIANT』は、ジャズというジャンルに対する先入観を覆し、その魅力を存分に伝える作品です。

石塚氏自身がジャズに魅了された経験を活かし、ジャズの持つ自由さや表現力、そして何より楽しさを、登場人物たちの演奏シーンを通して描き出しています。

本作は、ジャズファンのみならず、音楽を愛する全ての人に訴求力を持つ作品だと言えるでしょう。

以上のように、『BLUE GIANT』は「音が聞こえる」リアルな演奏表現、主人公の成長物語、人との繋がり、そしてジャズの魅力を余すところなく伝える作品として、多くの読者を魅了しています。

まとめ – 『BLUE GIANT』は音楽マンガの金字塔

この記事のポイントをまとめます。

  • 『BLUE GIANT』は、2013年から連載が開始され、現在は第4部『BLUE GIANT MOMENTUM』が連載中
  • 第1部は主人公・宮本大がジャズに出会い、サックスプレーヤーを目指す姿を描く。第2部では大がドイツに渡り、現地で活動する様子が描かれる。第3部では、大がアメリカのシアトルを舞台に音楽性を磨いていく。
  • 第4部『BLUE GIANT MOMENTUM』では、大たちカルテットがジャズの中心地ニューヨークに辿り着き、最激戦区で頂点を目指す物語が展開される。
  • 作者の石塚真一氏は、音が出ない漫画というメディアの特性を活かし、登場人物の感情や心情を丁寧に描写することで、読者の脳内で演奏シーンに音が響くかのような臨場感を生み出している。
  • 主人公・宮本大のジャズへの情熱と、トッププレイヤーを目指して成長していく姿は、読者の心を強く揺さぶる。
  • 作中では、主人公の大が音楽を通じて出会った人々との絆が丁寧に描かれており、音楽を媒介とした人と人との繋がりは読者の共感を呼ぶ。
  • 『BLUE GIANT』は、ジャズの持つ自由さや表現力、そして楽しさを存分に伝える作品であり、ジャズファンのみならず音楽を愛する全ての人に訴求力を持つ。

以上の点から、『BLUE GIANT』は音楽マンガの金字塔と呼ぶにふさわしい作品だと言えるでしょう。そして、新たなステージとなる『BLUE GIANT MOMENTUM』での宮本大の活躍に、今後も大きな期待が寄せられています。

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください