PR

ワンピースのラスボス候補9選!黒ひげ、シャンクスからゾロ、ラスボス不在説まで徹底考察

少年・青年

ワンピースは最終章に突入し、ついに物語のクライマックスが近づいてきました。ルフィ達の冒険の終着点に待ち受けるのは、一体誰なのでしょうか?ファンの間では、ラスボス(最終ボス)候補について様々な考察が飛び交っています。

本記事では、ワンピースのラスボス候補を9つのパターンに分けて紹介します。黒ひげ、シャンクス、イムといった有力候補から、ゾロ、コビーなどの意外な人物、さらにはラスボス不在説まで、それぞれの可能性を徹底考察。最終決戦の行方を予想します。

尾田先生の想像を超えた展開に期待が高まるワンピース。物語の結末を左右するラスボスが、一体誰になるのか。その謎に迫ります!

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

ラスボス候補1:黒ひげ

ワンピースのラスボス候補として最も有力視されているのが、黒ひげ海賊団船長のマーシャル・D・ティーチです。

黒ひげはルフィと同じ「Dの一族」の一員であり、現在は四皇の一角を占めるまでに成長しました。
ルフィとは、同じチェリーパイを食べて正反対の感想を言うなど、対照的な描写が多くみられます。
「ゴムゴムの実(ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”)」の能力者であるルフィと、「ヤミヤミの実」の能力者である黒ひげは、「太陽」と「闇」という正反対の能力を持っています。

また、黒ひげはエースを捕らえた張本人であり、ルフィにとって因縁の相手でもあります。
一方で、ドラム王国を滅ぼしたことやインペルダウンに侵入して囚人を解放したこと、世界政府に敵対していることなど、ルフィと共通する部分も多くあります。

黒ひげの最終目的は「世界の王」になることだと考えられています。
第1080話で明かされた「黒ひげ王国」建国計画からも、その野望の大きさがうかがえます。
世界の頂点に立つために、黒ひげは必ずルフィと対峙することになるでしょう。

ワンピースのストーリーが終盤に差し掛かるなか、黒ひげがラスボスになる可能性は非常に高いと言えます。
ルフィと黒ひげ、「Dの一族」の宿命を背負った2人の最終決戦に期待が高まります。

ラスボス候補2:シャンクス

ルフィの大恩人であり、彼に麦わら帽子を託した赤髪のシャンクスもワンピースのラスボス候補として注目されています。

シャンクスは初登場時こそ陽気な印象でしたが、物語が進むにつれ謎めいた描写が目立つようになりました。

特に「マリンフォード頂上戦争編」では、戦争を止めるために現れ、当時の海軍元帥・センゴクから「お前ならいい」と了承されるなど、その影響力の大きさが示唆されています。

また、「世界会議(レヴェリー)編」ではシャンクスが世界政府の最高権力である五老星と謁見を果たしており、「ある海賊」について話をしたことが明かされました。
五老星との繋がりや、その目的は未だ不明ですが、ルフィを利用しようとしている可能性も考えられます。

さらに、シャンクスがフィガーランド家の人間であることが示唆され、天竜人の最高司令官・フィガーランド・ガーリング聖に瓜二つの容姿をしていることから、シャンクスが天竜人である可能性が高いとされています。

一方で、シャンクスはルフィに「おれ達を越えるのか」と言っており、将来的に敵対する伏線とも捉えられています。 ルフィ自身も「四皇は全部倒す」と宣言しているため、いずれ師弟対決が描かれるのではないでしょうか。

シャンクスがワンピースの世界の黒幕だとすれば、彼こそがルフィの前に立ちはだかる最後の敵となるかもしれません。
物語のカギを握る重要人物であるシャンクスの真意は、最終章で明かされると予想されます。

ラスボス候補3:イム様

世界政府の最高権力者であるイム様は、ワンピースのラスボス候補として最も有力視されているキャラクターの一人です。

イム様は、世界の王が座ってはならないとされる「虚の玉座」に座っており、五老星でさえ跪くほどの絶大な権力を持っています。
また、「歴史から消すべき灯」を決定する権限を持ち、ルフィ、黒ひげ、しらほし姫の写真に刃を突き立てる一方、ビビの写真だけは大切に扱うなど、その行動には深い意味がありそうです。

イム様の正体については諸説ありますが、革命軍のイワンコフの発言から、800年前の世界政府創設時の20人の王の一人「ネロナ家のイム聖」である可能性が高いと考えられています。 800年もの間生き続けているとすれば、イム様はラスボスとして相応しい存在と言えるでしょう。

また、イム様はルルシア王国を一瞬で消滅させた「マザーフレイム」という謎の技術を使用しました。 マザーフレイムの正体については、古代兵器のコピー説やエネルギー装置説など様々な考察がなされていますが、その真相は未だ明らかになっていません。

イム様の目的や思想も不明ですが、世界政府の裏で暗躍し、歴史の闇に葬られた「空白の100年」の真実を握っている可能性が高いです。 最終的にルフィたちの前に立ちはだかる存在として、物語のカギを握るキャラクターと言えるでしょう。

イム様の正体や目的、マザーフレイムの秘密など、ワンピース最終章で明かされるイム様の真実から目が離せません。
全ての黒幕として君臨するイム様が、果たしてどのような結末を迎えるのか。ワンピースファンは今後の展開に大きな期待を寄せています。

ラスボス候補4:ロックス

ロックス・D・ジーベックは、かつて海賊王ゴール・D・ロジャーと覇を競った伝説の大海賊です。

彼が率いたロックス海賊団には、のちに四皇となる白ひげ、ビッグ・マム、カイドウをはじめ、金獅子のシキ、キャプテン・ジョン、銀斧、王直など、後に名を馳せる凄腕の面々が名を連ねていました。

38年前、ロックス海賊団はゴッドバレー島で海軍中将ガープとロジャー海賊団の連合軍に敗れ、壊滅しました。 この「ゴッドバレー事件」の詳細は明らかにされていませんが、ロックスはこの戦いで命を落としたとされています。

ロックスの素性については多くの謎が残されています。彼もまた「Dの一族」の一人であり、その悪名は政府によって封印されてきました。 「世界の王」になることを目指していたとされ、その野望の大きさからイム様ですら警戒していたのではないかと推測されています。また、ロックスと黒ひげの関係性も注目されています。

黒ひげの海賊船「サーベル・オブ・ジーベック号」の名前や、彼がハチノスを支配していることから、黒ひげはロックスを尊敬しているか、あるいはロックスの息子である可能性が指摘されています。

さらに、ロックスとシャンクスの関係も気になるところです。 ゴッドバレー事件の最中、ロジャー海賊団に拾われたシャンクスがロックスの息子という説もあり、彼の出自に関する考察が盛り上がっています。

ロックスは既に死亡していると言われていますが、黒ひげの中に彼の人格が宿っているという説も浮上しています。 最終章で衝撃の生存が明かされる可能性も捨てきれません。

伝説の大海賊ロックス・D・ジーベック。彼の真の素性や、黒ひげやシャンクスとの関係、そしてゴッドバレー事件の真相は、物語の鍵を握る重要な謎となっています。
ロックスがワンピース世界に残した影響は計り知れず、彼の存在がルフィたちの冒険にどのように関わってくるのか、目が離せません。

ラスボス候補5:ヒグマ

ワンピースの第1話に登場した山賊・ヒグマは、一見すると単なる噛ませ犬的なキャラクターに見えますが、実は最終章でラスボスとして再登場するのではないかと一部のファンから考察されています。

ヒグマは近海の主に丸飲みにされ死亡したと思われていましたが、公式のキャラクター図鑑「VIVRE CARD」では享年の表記がなく、生存説が浮上しています。さらに、シャンクスに対して「56人殺した」と豪語していたことから、実は最強クラスの実力者だったのではないかと推測されています。

また、ヒグマの名前が漢字で「緋熊」と書けることから、彼が元海軍大将だったという説も存在します。海軍大将の異名は「色+動物」で構成されているため、「緋熊」というのは十分あり得る話です。

さらに、ヒグマが世界政府の特殊部隊「SWORD」のメンバーだったという考察もあります。 ヒグマの顔の傷跡がSWORDのX・ドレークやコビーと似ていることがその根拠となっています。

加えて、ヒグマの懸賞金が800万ベリーであることから、「800年前のジョイボーイの罪」を示唆しているという説や、 シャンクスとの関係性を匂わせる説など、様々な考察が飛び交っています。

ヒグマがラスボスだとすれば、物語序盤から張られていた伏線が回収されることになります。一見すると突拍子もない考察ですが、尾田先生の想像を超えた展開に期待が高まります。

ラスボス候補6:バギー

ルフィと同期の海賊で、元ロジャー海賊団の一員だったバギーもワンピースのラスボス候補として浮上しています。

バギーは「バラバラの実」の能力者で、体をバラバラにして攻撃を避けることができます。当初は弱小海賊団の船長でしたが、インペルダウン脱獄後は囚人たちを率いて「バギー海賊団」を結成。 運とコネクションを武器に出世し、王下七武海(七武海)の一角に入り、現在は四皇にまで上り詰めました

エッグヘッド編に入ってからは、バギーが突如「海賊王になる」と宣言し、世界中を驚かせました。彼の野望の大きさと、これまでの予想外の活躍ぶりから、ラスボスの可能性を指摘する声が上がっています。

また、バギーはかつてロジャー海賊団に在籍していたことから、「ワンピース」の在り処や、「空白の100年」の真相を知っている可能性があります。物語のカギを握る重要人物として、最終章で大きな役割を果たすのではないでしょうか。

バギーは当初こそ、ルフィにとって脅威とは言えない存在でした。しかし、彼の知略と野心、そして「ジョーカー」と呼ばれるほどの幸運は、侮れない要素です。もしバギーが真の実力を隠し持っていたとしたら、ルフィにとって最大の敵となるかもしれません。

ワンピースの物語は予想の斜め上をいく展開が多いだけに、バギーがラスボスとして君臨する可能性は十分にあります。彼の今後の動向から目が離せません。

ラスボス候補7:コビー

ルフィと同期で、海軍本部大佐に昇進したコビーもワンピースのラスボス候補として注目されています。

コビーはルフィの最初の仲間であり、海軍に入隊してからは鍛錬を重ね、ガープの教え子として急成長を遂げました。新世界編では、海軍の秘密部隊「SWORD」のメンバーとして活躍

コビーの戦闘能力は高く、覇気の扱いにも長けています。特に見聞色の覇気は優れており、遠く離れた場所の出来事も感知できるほど。武装色の覇気や、海軍の六式も習得済みです。さらに、覇王色の覇気すら使えるのではないかと推測されています。

エッグヘッド編に入ってから、コビーは「実直(オネスティ)」という覇気パンチを放つシーンがあり読者を驚かせました。ガープ並みのとんでもない威力のパンチで、とてつもなく成長した戦闘力を垣間見ることができます。

一方で、コビーがワンピースの裏主人公あるいはラスボスになる可能性を指摘する声もあります。 正義の象徴として、最終的にルフィと対峙するのではないでしょうか。

ルフィのライバルであり、海軍のエースとして活躍するコビー。彼がどのような役割を果たすのか、ワンピースファンは大いに注目しています。最終章で、コビーの真の実力が明らかになる日が来るかもしれません。

ラスボス候補8:ゾロ

ルフィの右腕であり、世界最強の剣士を目指すロロノア・ゾロもワンピースのラスボス候補として一部のファンから考察されています。

ゾロは元々「海賊狩り」として名を馳せていましたが、ルフィに一命を救われたことをきっかけに、彼の最初の仲間として麦わらの一味に加わりました。以来、ゾロはルフィの夢を支える「麦わらの一味」の副船長的存在として活躍してきました。

しかし、ゾロの「海賊狩り」という通り名が、いつまでも変わらないことに違和感を覚えるファンは少なくありません。「いつかルフィを『狩る』伏線では?」「海賊王となるルフィと敵対する未来の匂わせでは?」といった憶測が飛び交っています。

また、「ウォーターセブン編」でのゾロの言動も、ルフィとの対立を予感させるものでした。一味を去ったウソップの処遇をめぐって、ゾロは筋を通すことを優先し、仲間を見捨てることもいとわない一面を見せたのです。

加えて、ゾロが「ワノ国編」で覇王色の覇気を覚醒させたことも、ラスボス説に拍車をかけています。覇王色の覇気は数百万人に一人の割合で発現するとされ、ゾロ一人でも一つの海賊団を率いるに十分な資質と言えます。破戒僧のウルージが「ゾロは人に従うような男には見えない」と語ったのも、示唆的です。

ゾロの「方向音痴」すら、「道(選択)を間違える」という意味で、ルフィとは異なる道を進む暗示ではないかと指摘する声もあります。

とはいえ、ルフィとゾロの絆の深さを考えれば、ゾロがラスボスになるという展開は考えにくいというのが大方の見方です。ゾロの夢である「世界最強の剣士」は、ルフィが海賊王になることと対立するものではありません。 むしろゾロは、和道一文字の謎や黒刀の秘密など、自身に秘められた宿命に向き合うことになるのではないでしょうか。

ゾロがラスボスになる可能性は低いものの、彼の真の運命がどのように描かれるのか、ファンの関心は尽きません。ルフィの夢を支え続けるゾロが、最終章でどのような活躍を見せてくれるのか。その行方から目が離せません。

ラスボス候補9:ラスボス不在説

また、ワンピースの世界観は海賊が自由に冒険できる時代から、世界政府による支配が強まる時代へと移り変わりつつあります。 この大きな時代の転換期に、特定の敵を倒すことよりも、新しい時代をどう切り拓くかが重要になるのかもしれません。

さらに、ワンピースの物語が「ラフテル到達」で終わらないことも、ラスボス不在説の根拠となっています。 ゴールはあくまで「冒険」であり、たとえラフテルに到達しても、ルフィ達の旅は終わらないというのです。

ラスボス不在説は、ワンピースの物語を「敵との戦い」ではなく「冒険と夢の実現」という観点から捉える考え方です。 ルフィ達の冒険が最後まで続くというのは、尾田先生らしい意外な結末と言えるかもしれません。

ただし、これまでの伏線や設定を考えれば、やはりラスボスが存在する可能性の方が高いでしょう。 黒ひげ、シャンクス、イム様など、物語のカギを握る重要人物が多数登場しているのは、最終決戦に向けての布石とも考えられます。

ラスボス不在説は、ワンピースの物語の本質を問う興味深い説ではありますが、現時点ではあくまで可能性の一つに過ぎません。ワンピースがどのような結末を迎えるのか、尾田先生の想像を超えた展開に期待が高まります。

まとめ

ワンピースのラスボス候補を9つのパターンで紹介してきました。黒ひげ、シャンクス、イム様といった有力候補から、ゾロ、コビーなどの意外な人物、さらにはラスボス不在説まで、様々な可能性が考えられます。

ただし、これらはあくまでファンの考察であり、真相は尾田先生のみぞ知るところです。ワンピースの物語は予想の斜め上をいく展開が多いだけに、ここで挙げた候補以外のキャラクターがラスボスになる可能性も十分にあります。

最終章に突入したワンピース。ルフィ達の冒険の行方と、物語の結末を左右するラスボスの正体から目が離せません。尾田先生が描く、想像を超えた衝撃の展開に期待しましょう。

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください