PR

ワンピース考察:象主(ズニーシャ)が800年前に犯した罪の正体とは?

少年・青年

ワンピースに登場する象主(ズニーシャ)は、800年前に何らかの罪を犯したために今も海上を歩き続けている謎多き存在です。

ズニーシャがどのような罪を犯し、なぜ罰として歩き続けているのか。

また、ジョイボーイやモモの助との関係性にも注目が集まっています。

ズニーシャの罪の真相を探ることで、ワンピースの物語の核心に迫れるかもしれません。

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

考察1. ジョイボーイを裏切った説

ズニーシャが800年前に犯した罪について有力な説の一つが、かつての仲間だったジョイボーイを裏切ったというものです。

ワノ国編で明らかになったように、ズニーシャはジョイボーイと同時代を生きていました。当時ジョイボーイと共に何らかの目的のために行動していたと考えられます。しかし、ある時ズニーシャはジョイボーイを裏切る行為に及んだのではないでしょうか。

例えば、ジョイボーイが目指していた理想や計画に反する何かをズニーシャが行ったのかもしれません。あるいは、ジョイボーイから託されたある重要な役目を果たさなかった、もしくは反故にしたという可能性も考えられます。

ジョイボーイを裏切ったことで、ズニーシャは罪人として永遠に歩き続ける罰を受けることになったのではないでしょうか。800年もの間、自らの罪の重さを感じながら彷徨い続けているのかもしれません。

ただし、ズニーシャがジョイボーイを裏切った理由や経緯は明かされていません。単純に自分の利益のために裏切ったのか、あるいはやむを得ない事情があったのか。ズニーシャの罪の真相は、ジョイボーイの目的や空白の100年の出来事と深く関わっていると予想されます。

考察2. 家族や近しい存在を殺した説

ズニーシャが800年前に犯した罪について、旧約聖書の「カインとアベル」の話になぞらえた興味深い説があります。

旧約聖書では、アダムとイブの子供であるカインが弟のアベルを殺してしまい、神から地上をさまよう運命を与えられました。これは歴史上最初の殺人とも言われています。カインは罰として放浪を命じられましたが、同時に殺されることのないよう神から印をつけられたとされています。

これをズニーシャに当てはめると、ズニーシャも自分の家族や近しい存在を殺してしまったのではないでしょうか。そしてその罰として、死ぬことなく永遠に歩き続けなければならない宿命を背負わされたのかもしれません。

ズニーシャが象の姿をしているのは、もしかすると元は人間だったのが罪を犯したために象に姿を変えられたからではないでしょうか。象は長寿の生き物として知られていますから、永遠に生き続ける罰を表しているのかもしれません。

もしズニーシャが家族を殺してしまったのだとすれば、それは800年前のちょうど空白の100年が始まる頃だったと推測されます。空白の100年の真相とズニーシャの罪は深く関わっているのではないでしょうか。

ただし、これはあくまで旧約聖書の逸話から類推した説の一つです。ズニーシャが何を理由に大切な存在を殺めてしまったのか、その真相はまだベールに包まれています。

考察3. ズニーシャは古代兵器だった説

ズニーシャの正体について、古代兵器ウラヌスではないかという説が注目されています。

これまで登場した3つの古代兵器のうち、プルトンとポセイドンについては詳細が明らかになっていますが、ウラヌスのみまだ詳細不明のままです。そのウラヌスの正体こそ、ズニーシャなのではないかと考えられているのです。

ズニーシャの巨大さと圧倒的な力は、古代兵器と呼ぶにふさわしいものがあります。ジャック一味を一撃で葬り去ったその強さは、もし自由に動けるようになれば作中でもトップクラスの脅威となるでしょう。

また、ズニーシャが800年前にジョイボーイと関わりがあったことも判明しています。もしかすると、かつてジョイボーイがズニーシャという古代兵器を使って何かを成し遂げようとしていたのかもしれません。

ズニーシャが歩き続ける罰を受けているのは、800年前に何らかの形でジョイボーイを裏切ったからだという見方もあります。もしそうだとすれば、ズニーシャはジョイボーイにとって非常に重要な存在、つまり古代兵器だったからこそ、裏切りを許せなかったのかもしれません。

ただし、これはあくまで有力な説の一つであり、ズニーシャ=ウラヌス説が確定しているわけではありません。ウラヌスの正体が別のものである可能性も十分に考えられます。ズニーシャと古代兵器の関係性は、今後の物語の展開を待つ必要がありそうです。

考察4. ズニーシャは陸王類だった説

ワンピースの世界には、人間の言葉を話す動物として海王類とズニーシャの2種類が登場しています。
海王類は、しらほしによって操られる存在であり、古代兵器ポセイドンと深く関わっていることが明らかになっています。一方、ズニーシャは陸上を歩く巨大な象であり、海王類との対比から「陸王類」と呼ばれる存在なのではないかと考えられています。

ズニーシャの特徴として、非常に長い足と関節が2つあることが挙げられます。これは、サルバドール・ダリの絵画に登場する「宇宙象」がモデルになっているとされ、ズニーシャの学名「ナイタミエ・ノリダ」を逆から読むと「ダリの絵みたいな」という意味になります。

また、ズニーシャは800年以上前から罰として歩き続けているとされていますが、その罪の内容については明らかになっていません。ただし、陸王類という種族の保存に関わる罪を犯したのではないかという説が有力視されています。

もしズニーシャが陸王類であるとすれば、かつては同じ種族の仲間がいたはずです。しかし、現在のズニーシャは独りぼっちで歩き続けています。これは、ズニーシャが何らかの理由で種族を守れなかったり、存続させられなかったりしたことが罪に関係しているのかもしれません。

ズニーシャと海王類の関係性や、陸王類の存在については今後の物語の展開に期待が持たれます。ワノ国の開国が古代兵器の解放を意味するとすれば、ズニーシャによる鎖国の壁の崩壊も重要な意味を持つことになるでしょう。ズニーシャの秘める力と役割にも注目です。

まとめ

ズニーシャが800年前に犯した罪の真相は、ワンピースの物語の核心に迫る重要な謎と言えるでしょう。本記事では、その罪をめぐる4つの有力な説を考察してきました。

1つ目は、ズニーシャがかつての仲間だったジョイボーイを裏切ったという説です。2つ目は、旧約聖書の「カインとアベル」の話になぞらえ、ズニーシャが家族や近しい存在を殺してしまったのではないかという説です。3つ目は、ズニーシャの正体が古代兵器ウラヌスではないかという説であり、4つ目は、ズニーシャが海王類に対する「陸王類」という種族だったのではないかという説です。

これらの説はいずれも、ズニーシャの罪がジョイボーイや空白の100年、そして古代兵器や種族の存続に深く関わっている可能性を示唆しています。ズニーシャが歩き続ける理由や、モモの助との関係性にも注目が集まります。

ただし、現時点ではズニーシャの罪の真相は明かされておらず、これらの説もあくまで推測の域を出ません。ワノ国編でようやくズニーシャの存在が明らかになりましたが、その秘密はまだ多く残されています。

今後の物語の展開で、ズニーシャの過去と罪の真相が明らかになることを期待したいですね。それは、ワンピース世界の歴史や秘密を解き明かす鍵になるかもしれません。

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください