PR

【ワンピース】ワノ国編で死亡したキャラクターまとめ!衝撃の犠牲者たち

少年・青年

ワンピースのワノ国編では、多くの衝撃的な出来事がありました。

その中でも、死亡したキャラクターたちの存在は、読者に大きな衝撃を与えたことでしょう。

この記事では、ワノ国編で命を落としたキャラクターをまとめていきます。

彼らの最期を振り返り、その死の意味を考察していきましょう。

ネタバレを含みますので、これからワノ国編を読む方はご注意ください。

この記事を読むと分かること

  • ワノ国編で死亡したキャラクターの一覧
  • 霜月康イエ、イゾウ、アシュラ童子など主要キャラクターの死因
  • 将軍オロチとその腹心カン十郎の最期
  • カイドウとビッグ・マムの生死は不明であること
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

ワノ国編で死亡したキャラクター一覧

霜月康イエ(トの康)

霜月康イエは、ワノ国の元大名でおトコの父親です。

おでんの死後はトノ康と名乗り、20年間一般庶民として暮らしていました。

ゾロ十郎と出会い、モモの助やカン十郎と再会し、鬼ヶ島討ち入りの計画に協力することに。

オロチの命令により公開処刑で銃殺されました。

敵に情報が漏れたことを知り、処刑される際に判じ絵は悪戯だと言い、仲間の窮地を救いました。

これがなければ、ワノ国の希望の灯は消えていたでしょう。

ワノ国の未来を守るため、命を捧げた英雄的な人物と言えます。

イゾウ

イゾウは白ひげ海賊団16番隊隊長であり、光月おでんの家臣でもありました。

ワノ国出身で、お菊の兄です。

鬼ヶ島討ち入りの際、ニコ・ロビンを追うCP-0のマハと戦いました。

イゾウはマハを倒すことに成功しましたが、自身も致命傷を負い、炎に包まれた城内で最期を迎えました。

イゾウの死後、錦えもんと河松、マルコの会話で、おでんを祀るお堂を立てることが語られました。

イゾウの死亡は衝撃的な出来事でしたが、彼の勇敢な戦いぶりは多くの読者の心に残ったことでしょう。

故郷ワノ国の土に還ったイゾウ。

彼の魂が安らかであることを祈ります。

アシュラ童子

アシュラ童子は、光月おでんの家臣である赤鞘九人男の一人です。

鬼ヶ島討ち入りの際、偽物のおでんが現れた時、それがカン十郎の能力で描かれた絵だと見抜きました。

仲間を守るため、偽おでんから放たれた爆発に巻き込まれ、命を落としたと見られています。

ワノ国編での彼の勇敢な最期は、多くの読者に衝撃を与えました。

決戦後、アシュラ童子はおでんや他の赤鞘九人男、イゾウと共に御堂に祀られる予定とのことです。

彼の死は悲しい出来事ですが、仲間を守るために命を懸けた姿は、多くの人の記憶に残ることでしょう。

黒炭オロチ

黒炭オロチはワノ国を苦しめた悪役。

ワノ国の将軍でしたが、カイドウに首を切られて死亡したと思われていました。

しかし、その後も生存していたことが判明します。

オロチは動物系幻獣種ヘビヘビの実モデル「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」の能力者で、首を切られても死なない特殊な能力を持っていました。

最終的には、カン十郎が出した「火前坊の炎で焼かれ、傳ジローに斬られて死亡しました。

オロチは非道な支配者でしたが、彼の死によってワノ国は自由を取り戻すことができました。

黒炭カン十郎

黒炭カン十郎は、ワノ国出身の侍で、赤鞘九人男の一人でした。

彼は「夕立ち」の異名を持ち、背負った巨大な筆で描いたものを実体化させる「フデフデの実」という悪魔の実の能力を持っていました。

カン十郎は光月おでんに仕えていましたが、実は黒炭一族の生き残りで、オロチの内通者でした。

ワノ国編で、カン十郎はオロチ側につき、赤鞘九人男を裏切ります。

最終的に、カン十郎は錦えもんに斬られて致命傷を負い、死の間際に「黒炭心中が急、火前坊」を出して鬼ヶ島の爆破を試みました。

カン十郎の裏切りは衝撃的な展開でしたが、彼の悲しい過去が明らかになり、複雑な心境を抱いていたことが窺えます。

Tボーン中将

Tボーン中将(大佐)は、ワンピースに登場する海軍の中将でした。

「船斬り」の異名を持ち、細身の体格に似合わず大きな剣を振るう剣士です。

ワノ国編の最新話で、Tボーン中将が死亡したことが明らかになりました。

彼はクロスギルドに懸賞金をかけられ、貧困に苦しむペペ王国の市民に殺害されたようです。

Tボーン中将の死に対し、読者からは悲しみの声が上がっています。

今後もクロスギルドが海兵にかけた懸賞金の影響に注目です。

ワノ国編で生死不明のキャラクター

ワノ国編では、カイドウとビッグ・マムの四皇が登場し、ルフィたちと激闘を繰り広げました。

しかし、彼らの最終的な生死については明らかになっていません。

カイドウ

カイドウはワノ国編のラスボスとして登場した百獣海賊団の船長です。

ルフィとの死闘の末、最後はギア5(ニカ)になったルフィによるゴムゴムの猿神銃(バジュラングガン)により、マグマだまりに突き落とされました。

しかし、カイドウの生死については明確に描かれておらず、不明のままとなっています。

カイドウは「世界最強の生物」と呼ばれるほどの強敵でした。

身体能力が非常に高く、首を切られても死なない程の頑丈な肉体を持っていました。

また、作中でカイドウの死亡が明記されていないことから、生きている可能性も残されています。

しかし一方で、マグマだまりに落とされたことから、死亡している公算も高いと考えられます。

つまり、カイドウの生死については現時点で確定的なことは分かっておらず、今後の物語の展開次第となります。

ビッグ・マム

ビッグ・マムはビッグ・マム海賊団の船長で、カイドウと共にワノ国でラスボスとして立ちはだかりました。

ビッグ・マムはトラファルガー・ロー&キャプテン・キッドとの戦闘で敗北しました。

ローの「オペオペの実」とキッドの「ジキジキの実」それぞれの覚醒技により、地下のマグマだまりに突き落とされました。

ビッグ・マムもカイドウ同様「四皇」と呼ばれる最強クラスの海賊です。その耐久力も凄まじいもの。

死亡がはっきりと描写されていないため、生死不明となっています。

「ソルソルの実」で生み出されたホーミーズであるゼウスが消えていないことから、ビッグマムはまだ生きているのではないかという意見もあります。

彼女の生死もまた、物語の大きな謎の1つと言えるでしょう。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

  • ワノ国編では、霜月康イエ、イゾウ、アシュラ童子など重要キャラクターが死亡した
  • 将軍オロチとその腹心カン十郎も最期を迎えた
  • 一方で、カイドウとビッグ・マムの生死は不明のままである
  • Tボーン中将の死亡も報告され、海軍の動向に注目が集まる
  • ワノ国編では多くの犠牲者が出たが、その死には意味があった

ワノ国編は、これまでにない規模の戦いが描かれ、多くの重要キャラクターが命を落としました。

しかし、彼らの死には意味があり、ワノ国の自由を勝ち取るための大きな犠牲でもありました。

一方で、四皇の生死が不明のままであることから、まだ物語は終わっていないことが窺えます。

今後の展開に注目が集まります。

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください