PR

【終末のワルキューレ】アヌビス徹底解説!エジプトの死者の神の強さと能力を考察

少年・青年

『終末のワルキューレ』には多くの神話や伝説のキャラクターが登場します。

エジプト神話において、アヌビスは死者の世界を司る神として広く知られています。

彼は死後の世界への案内人であり、死者の魂の重さを量ることでその人が次の世界へ進むことができるかを裁く役割を担っています。

このような背景から、アヌビスは死と再生の象徴として、古代エジプト人にとって非常に重要な神でした。

本記事ではエジプト神話から選ばれたアヌビスに関して解説していきます。

CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

アヌビスの概要

アヌビスは古代エジプト神話の中で非常に特異な位置を占める神です。

彼の起源は古く、エジプトの宗教が成立する前から崇拝されていたとも言われています。

この章では、アヌビスの神話における起源、外見、そして役割について詳しく解説していきます。

アヌビスの起源と背景

アヌビスは死を司る神としての役割を持ちますが、彼の起源には複数の説が存在します。

一説には、オシリス神の息子として生まれ、死後の世界である冥界の守護神となったとされています。

また、彼が最初に崇拝され始めたのは、古代エジプトの葬儀の慣習と深い関係があるとも言われています。

アヌビスの外見と象徴

アヌビスの最も顕著な特徴は、その外見です。

彼は人間の体にジャッカル(または狼)の頭を持つ姿で描かれることが多く、この姿は死と葬儀の神としての彼の役割を象徴しています。

ジャッカルが墓地に現れることが多い動物であるため、古代のエジプト人はこれを死者の守護者と結びつけたのです。

エジプト神話におけるアヌビスの役割

アヌビスの主な役割は、死者の魂を冥界へ導くことにあります。

彼は死者の心臓と羽の軽さを天秤で量り、その魂が次の世界へ進む資格があるかを裁きます。

この儀式は「心臓の秤量」と呼ばれ、死者が真実と正義の神マアトの基準を満たしているかを判断するものでした。

アヌビスのこの役割は、彼がどれほど古代エジプト人の死生観に深く関わっていたかを示しています。

彼らにとって、アヌビスは死後の世界への案内人であり、敬意と畏怖の対象でした。

終末のワルキューレに登場するアヌビスの設定予想

外見予想

『終末のワルキューレ』に登場するアヌビスは、エジプト神話の描写を踏襲し、黒い犬の頭の被り物をしている姿をしています。

また、死者の魂を冥界へ導く役割を持つ神らしく、手には魂を量るてんびんや、死者を冥界へ導く杖のようなものを持っているかもしれません。

能力予想

アヌビスは死者の神であることから、死に関わる能力を持っていると予想できます。

  1. 死者の魂を操る能力 – 死者の魂を自在に操り、戦闘に利用する。
  2. 死の裁きの能力 – 相手の善悪を見極め、罰を与える。
  3. ミイラ化の能力 – 触れたものをミイラ化させ、動きを封じる。
  4. 冥界の力を借りる能力 – 冥界の力を借りて、自身の力を増幅させる。

また、『終末のワルキューレ』では、神々は人間の技術や文明の利点を活かした武器を持つことが多いです。

アヌビスも古代エジプトの技術力を活かした武器、例えばピラミッドの力を宿した武器などを持っている可能性があります。

ただし、これらはあくまで予想であり、実際の作品での設定とは異なる可能性があります。

作品の展開に沿って、アヌビスがどのような能力を見せるのか注目が集まります。

アヌビスVSノストラダムスの戦いを考察

エジプトの死者の神アヌビスと、人類最強の予言者ノストラダムスの対決が実現するのではないかと予想します。

アヌビスの強さと能力予想:

  • アヌビスはエジプト神話の死神であり、終末のワルキューレでは神側の闘士として登場
  • 独特のデザインと風貌で人気を集めている
  • 死者の魂を裁く能力や、死者の世界を自在に操る力を持っていると予想される

ノストラダムスの強さと能力予想:

  • 人類史上最高の予言者で、未来を見通す能力を持つ
  • 終末のワルキューレでは人類側の闘士として登場すると予想されている
  • 予知能力を駆使した戦略で、神々に立ち向かうことが期待されている

考察:
アヌビスとノストラダムスの対決は、死者の世界を司る神と、未来を予知する人間の戦いになるでしょう。アヌビスは死者の魂を自在に操り、ノストラダムスの予知を妨害しようとするかもしれません。一方、ノストラダムスは自らの予知能力と戦略で、アヌビスの能力に対抗することが予想されます。

二人の能力がぶつかり合う戦いは、終末のワルキューレの中でも特に注目を集める一戦になるのではないでしょうか。死者の神と予言者、二人の超越的な存在の戦いから目が離せません。

まとめ

  • 『終末のワルキューレ』は人気バトル漫画で、神々と人類最強の英雄たちによる一対一の死闘「ラグナロク」を描いている
  • エジプトの死者の神アヌビスは、ラグナロクの出場者リストに名前があり、犬の被り物で人型の姿をしている
  • アヌビスは死者の魂を操る能力やミイラ化の能力を持ち、冥界の力を借りて自身を強化できると考えられる
  • アヌビスVSノストラダムスの戦いを予想
  • 死者の世界を司る神と未来を予知する人間の戦いになり、息をのむ激闘が予想される
CHECK

漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアがおすすめです!

お得なキャンペーンのご紹介♪

■初回購入限定で【70%OFF】クーポン配布中!

■年に数回ポイントをお値打ちで購入できる「ゲリラキャンペーン」を開催

ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!


※このページの情報は2024年7月現在のものです
※クーポン内容は期間によって変わることがあります。最新の情報は公式サイトをご確認ください