PR

「45510はどこで読める?」—小説とYOASOBIの「アイドル」を解説

少年・青年

皆さんは「45510」という小説をご存知でしょうか?

この作品は、推しの子の原作者である赤坂アカ氏による短編小説です。

さらに、この小説は人気音楽ユニットYOASOBIの楽曲「アイドル」の原作ともなっています。

「45510はどこで読めるの?」という疑問に答えるとともに、その魅力や深層に迫る本記事をぜひ最後までお読みください。

「45510」はどこで読める?

「45510」を読むことができる場所は、週刊ヤングジャンプの公式サイトです。

このサイトでは、特別に無料で公開されており、気軽に読むことができます。

また、『YOASOBI アイドル (完全生産限定盤)​』にもこの小説が収録されています。

この限定盤を手に入れることで、物理的な形でも楽しむことが可能です。

どちらの方法でも、「45510」の世界に触れることができますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

「45510」小説の概要

「45510」というタイトルの小説は、元「B小町」のメンバーである語り手が、かつての仲間との複雑な人間関係と、特にメンバーであるアイに対する矛盾した感情を描いています。

語り手は、ネットでアイの過去のライブ配信のアーカイブを見つけ、その中でアイが語る「本心」に触れます。しかし、動画は肝心な部分で途切れてしまいます。

この動画をきっかけに、語り手はかつての共同ブログを思い出します。そのブログのログインパスワードが「45510であり、この数字には深い意味があります。それは、グループのメンバーの頭文字を数字に置き換えたもので、この数字は作中で何度も重要な役割を果たします。

ブログには、アイ自身が書いたとされる非公開のページがあり、その中にはアイの「本心」が綴られています。しかし、語り手はこのページを削除します。その理由は、語り手が信奉する「アイ」のイメージとは異なるからです。語り手にとって、アイは完璧で無敵の存在であり、その弱い部分は誰にも見せてはいけないという信念があります。

この小説は、アイドルとしての輝きと人間としての脆さ、そしてその狭間で揺れるメンバーたちの心の葛藤を巧妙に描き出しています。特に、語り手がブログを削除する行動は、彼女自身がどれだけアイに対して複雑な感情を抱いているのかを如実に示しています。

このように、「45510」はただのエンターテイメント作品以上の、人間の心の奥深さと複雑性を巧みに表現した作品です。それぞれのメンバーが抱える心の葛藤と、その背後にある人間ドラマが、この作品を一層引き締めています。

YOASOBIの「アイドル」—小説との関連性

YOASOBIの楽曲「アイドル」の歌詞を読むと、アイドル業界の裏側にある矛盾や葛藤が描かれています。 特に「無敵の笑顔で荒らすメディア」というフレーズは、アイドルが持つ公と私のギャップを象徴しています。 この点は、小説「45510」で語られるアイや語り手が感じる矛盾と非常に共通しています。

「アイドル」の歌詞には、「誰もが目を奪われ続ける、君は完璧で究極のアイドル」という部分があります。 これは「45510」の語り手がアイに対して持つ理想のアイドル像と重なります。 一方で、「私達はハナからおまけです」というフレーズは、他のメンバーが感じる劣等感や嫉妬心を表しており、これも「45510」の語り手や他のメンバーが感じる感情と一致します。

また、「好きな本は?遊びに行くならどこに行くの?」といった質問に対する「のらりくらり」という回答は、「45510」のアイがメンバーに対して本心を見せない様子ともリンクしています。

「許せない完璧じゃない君じゃ許せない自分を許さない誰よりも強い君以外は認めない」という歌詞は、語り手がアイに対して抱く複雑な感情、特にアイに対する理想と現実のギャップに対する不満や矛盾を強く表しています。

このように、YOASOBIの「アイドル」と「45510」は、アイドルという存在が持つ多面性や複雑な心情に焦点を当て、その背後にある人間ドラマを深く掘り下げています。 両作品を通じて、アイドルの華やかな表面だけでなく、その背後に隠された真実についても考える機会が提供されています。

まとめ

YOASOBIの楽曲「アイドル」と小説「45510」は、アイドル業界の裏側に潜む矛盾や葛藤を緻密に描き出しています。 特に、アイドルが持つ「公と私」のギャップ、メンバー間の嫉妬や劣等感、そして理想と現実のギャップなどが共通のテーマ性として浮かび上がります。

「アイドル」の歌詞は、アイドルが持つ完璧なイメージとその裏側の人間性を巧妙に表現しています。 一方で、「45510」は、特に語り手とアイの関係を通じて、アイドルが持つ多面性とその背後にある人間ドラマを深掘りしています。

両作品を比較することで、アイドルという作品についてより深く理解することができます。